クリニックブログ

2021.01.08更新

皆さん、水やお茶などの水分は足りていますか?

「冬は寒いので、夏程は水分を飲まなくなる」という方が多く見られます。

しかし、冬こそ乾燥によって水分が必要な時期なのです!!

例えば、喉の粘膜や粘液は水分が不足するとカラカラになり、

ウイルスはそこから侵入しやすくなってしまいます。

私たちの体は60~70%水でできているので、それだけ水が必要なのです。

新型コロナウイルスがなかなか終息してくれません・・・。

そんな時コロナ対策においても、喉の粘膜を守りバリアー機能を高めていく為に、

寒い時期こそ水分を摂りましょう。

身体も温かくなるので、白湯(ぬるま湯)や温かいお茶がお勧めです。

15分に1回は水分補給を心がけてコロナに負けない対策を継続していきましょう。

水分

Presented by. J メンタル五反田駅前クリニック(心療内科・精神科・漢方内科)

 

 

投稿者: 医療法人社団ヘルメス会Jメンタル五反田駅前クリニック

2020.12.28更新

【年末年始のお休みについて】

 

 


2020/12/30(水)~2021/1/4(月)

 

 


上記の期間、休診とさせていただきます。
ご不便をおかけしますが、宜しくお願い申し上げます。

Jメンタル五反田駅前クリニック

投稿者: 医療法人社団ヘルメス会Jメンタル五反田駅前クリニック

2020.12.09更新

コロナウイルスの第波が来ていると言われていますが、今年から在宅勤務になった方は多いのではないでしょうか?

 

在宅勤務だと、リフレッシュの時間が取りにくかったり周りの人と話す時間がなかったり、仕事も睡眠も同じ部屋で移動が無いことからメリハリがなくなり、

 

やる気が出なかったり、気分がうつうつとしてしまう方も多いようです。

 

これからの時期は日照時間も短くなり、太陽の光をなかなか浴びられないことから、更に気が滅入る方が増えるのではないでしょうか。

 

 

そういう時は、どれが原因で今のような気分になっているのかを考えてみましょう!

 

気分がうつうつとしている方は、家の近くを温かい格好で少しお散歩してみてもいいかもしれません。

 

リフレッシュの時間を上手く取れないときは、窓を開けたり、音楽を流してみたりと、少し気分転換を取り入れてもよいでしょう。

 

周りの人と話す時間が無く、孤独な気持ちが強くなってきたら、一時流行したzoom飲み会などを開催してもいいかもしれないですね。

 

 

 

 

 

  寝起き

 

 

もし専門家に相談したい、と考えてらっしゃる方は当院にぜひお電話でご相談下さいませ。

きっとご満足頂ける治療をご提供できるかと思います。

 

Presented By.Jメンタル五反田駅前クリニック(心療内科・漢方内科・精神科)

 

 

投稿者: 医療法人社団ヘルメス会Jメンタル五反田駅前クリニック

2020.12.01更新

心も体も一度にすっきりしたい!」そう思うことはありませんか?
そんなとき、ヨガをしてみてはいかがでしょうか。

 

ヨガが目指すものは「心を静かにすること


これは「今ここ」にいる自分の内側に意識を向け、自分を知り、愛すること。


頭だけであれこれと考え悩みがちな現代、ストレスが過剰になり様々な心身相関の病気があります。


ヨガではまず、身体を動かします。呼吸を感じてみます。

 


ストレスで抑圧された状態では身体は快不快がわからず、


緊張を身体の各部分にため込んでしまうので、


肩こり、腰痛、頭痛、自律神経の失調などの症状が出てきます。

 


身体を動かすことで身体の声が感じられるようになり、


本来の身体の快適な状態がわかるようになります。

 

体の緊張感から解放され、心もすっきり楽になるのです。

 

ヨガ

ため息をふぅーと出すと胸のあたりが楽になるように、


呼吸というのは私たちの感情とも深くつながっています。

 



身体を気持ちよく動かした後は、身体をおもいっきり休ませてあげます。


身体を動かした後は頭の中が静かになり、身体も脳もリラックスしやすくなります。


リラックスする時間を多くとり、リラックスの貯金をすると、ストレスを貯めにくくなります。


また、ストレスがある状態でも凹まず上手に対処できるようになります。


(引用:「ストレスに負けない生活」 熊野宏昭著)

 

 

 

さあ、ストレスから解放されましょう。


ヨガは究極のセルフケア、セルフコントロールの方法のひとつなのです。

 



Presented by Jメンタル五反田駅前クリニック(精神科・心療内科・漢方内科)

 

投稿者: 医療法人社団ヘルメス会Jメンタル五反田駅前クリニック

2020.11.02更新

だんだんと肌寒くなってきましたね。


そういった意味では、カイロが中々手放せない時期だとも言えるでしょう。

 そして、「冷え症」にお悩みの方にとっても、手先や足先の冷えが辛い季節となりますね。

 


今回は、そんな「冷え症」の方におススメの漢方薬をご紹介致します!

 とうきしゃくやくさん

冷え症で、かつ貧血気味といった方にイチ押しの漢方薬は、

 

「当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)」

 

と呼ばれる漢方薬です!

 

この漢方薬は、手足の冷え症の回復はもちろんのこと、

 

月経困難や月経不順、肩こり・頭痛・めまい、疲労解消にも効果があるとされています。

 

冷え症は冬場だけの病気ではなく、患者様の中には、「夏場でも冷えて仕方ない」とおっしゃる方も少なくありません。

 

まずはお気軽に、当クリニックのような漢方内科にお問い合わせ下さい!

 

 

Presented by. J メンタル五反田駅前クリニック(心療内科・精神科・漢方内科)

投稿者: 医療法人社団ヘルメス会Jメンタル五反田駅前クリニック

2020.10.06更新

10月に入り、2020年も残すところ3カ月を切りました。

今年は新型コロナウイルスの流行により、本当に大変な年になりましたね。
本来ならば開催されていたはずのオリンピックも延期になり、
一時期は自粛自粛で経済活動をも停止せざる負えない事態に陥りました。

自粛期間の影響でコロナ太りが増えてしまったとも言いますが、
その一方で、コロナにかかりたくない一心から、免疫力を上げようと食事や運動に
気を付け始めた人もいます。

外食が減り、自炊によって栄養バランスが向上したり、YouTubeなどの動画を利用した

自宅トレーニングを始めた人々も増加し、体温測定や体重測定等の健康管理を徹底する

ことで、健康状態が改善されているケースも多いと聞きます。

これはまさに、一病息災の考え方に似ていますね。

仕事面では、リモートワークなどの新しい働き方が導入され、
時間の使い方や仕事と家庭とのバランス、生き方そのものの価値観にも
変化が起こっているようです。一部の地域では環境汚染が改善したり、地球規模での変化も生じています。

このように考えると、コロナが私たちにもたらしたものは、決して悪いことだけないのかもしれません。

いつかコロナのことが、私たち人類が成長していく為の糧となれば幸いです。

皆さまどうぞ、引き続き気を付けてお過ごしください。

 

光

 

Presented by. J メンタル五反田駅前クリニック(心療内科・精神科・漢方内科)

投稿者: 医療法人社団ヘルメス会Jメンタル五反田駅前クリニック

2020.08.28更新

9月から金曜日午後(14:00~16:00)のリワーク内容をリニューアルして、

「マインドフルネス瞑想」がスタートします。

 

GoogleやAppleなどの海外大手企業では研修としていち早く導入している

「マインドフルネス」。仏教の瞑想を発端としながら発展を遂げ、今や多く

の企業が取り入れるようになったマインドフルネス瞑想には、様々な効果が

あることが科学的にも実証されてきています。特にアメリカなどで近年盛ん

に行われている「第三世代の認知行動療法」でもあるのです。

 

「今」の自分に気づき現実をあるがままに受け入れること、雑念を取り払い

「今ここ」に心が集中できている状態のことを「マインドフルネス」と言います。

「呼吸」というシンプルな行為に「注意」を向けることにより、頭の中の情報や

その情報に反応した考えを取り払い、「今ここ」に集中することができます。

 

自分の身体や気持ちの状態に気づくためのこころのエクササイズ」として、

心身の健康、ストレス管理、仕事でのパフォーマンスへの有効性に注目が

集まっています。マインドフルネスという新しい引き出しを増やすことは、

ストレスとうまく付き合うために役立ちます。

 

祈り

 

コロナ禍で不安な気持ちが増しているこんな時だからこそ、

最高の癒しが必要なのです。ぜひ、あなただけの「癒しの時間」

体験してみませんか?

 

新規メンバー募集中です!!

興味のある方は受付までご連絡下さい。

 

Presented by. J メンタル五反田駅前クリニック(心療内科・精神科・漢方内科)

 

投稿者: 医療法人社団ヘルメス会Jメンタル五反田駅前クリニック

2020.07.16更新

最近お問合せが多いのが「自律神経失調症」や「更年期障害」の治療についての

女性の患者様からのお問い合わせです。

特に、後者・「更年期障害の治療」に関しましては、

「女医さんを希望したいのですが可能でしょうか?」

「できれば西洋薬ではなく、漢方薬を使っての治療を希望したいのですが可能ですか?」

この2つのお問い合わせが多いようです。

 

当院は心療内科であると同時に漢方内科でもあります。

漢方薬の専門医による治療が可能です。

また、女性医師もおりますので、「男性医師だと話にくい」と思われる方は、

女医さんを希望することも出来ます。

 

もしこのようなことでお悩みの方は、当院にぜひお電話でご相談下さいませ。

きっとご満足頂ける治療をご提供できるかと思います。

 

Presented By.Jメンタル五反田駅前クリニック(心療内科・漢方内科・精神科)

女医

 

投稿者: 医療法人社団ヘルメス会Jメンタル五反田駅前クリニック

2020.06.05更新

こんにちは。
昨夜21時からフジテレビにて放送された『シンソウ坂上』という番組で
当クリニックの理事長が“糖質依存症”について解説しました。

https://news.yahoo.co.jp/articles/2b80d7764a06f4843c97d930d5a6ce61191a2680?page=3


https://www.fnn.jp/articles/-/48768

しんそう 

ご覧になられた方もいらっしゃると思います。

今回の番組では、『過度な糖質制限から糖質依存症が発症した』
というお話を取り上げていました。少し振り返ってみましょう。

『糖質制限』とは、主食である炭水化物(ご飯、パン、麺)やお菓子、
デザート、甘い飲み物等に含まれる糖質を制限することでダイエット
や糖尿病の治療に役立つ方法です。

しかし、過度な糖質制限を長期的に続けていると
免疫や筋力の低下、貧血、骨粗しょう症、脱毛、老化、
ケトアシドーシス、エネルギー不足による疲労、精神不安定など
が生じる恐れがあります。

また、糖質制限解除後に、糖質依存症に陥ったり
大幅なリバウンドをするなど危険性もあるのです。

 

今回の女性の例では、
・3年で42kgという大きなダイエット
・1日の糖質摂取量30gという厳しい糖質制限
・毎日トマトのスープとおからパウダーの蒸しパンのみ
慢性的なエネルギー、ビタミン、ミネラル、タンパク質、
脂質不足が起こる危険なダイエット方法でした。

 

◎その後、過度な糖質制限を急激に止めてしまう
両親の結婚記念日にビュッフェで食べた久しぶりのパン(糖質)
で幸せを感じて以来、パン(糖質)への依存が止められなくなってしまう。

糖質を食べた時の幸せ感が忘れられなくなり、急激に過剰な糖質摂取を行うことにより
・16時前後に手が軽く震えてくる(甘いものが食べたくて)
・少し食べないでいるとそわそわと落ち着かない
・罪悪感があったが甘いものを食べたときの多幸感が忘れられなくなった
・2ヶ月で体重は8キロリバウンド

これは、
食後低血糖が著しくなった
ビタミン(特にビタミンB1)、ミネラル不足が生じた
ということが伺え、まさに「糖質依存症」にあたると考えられるのです。

 

 ドーナツ

 

◎対策
糖質依存症に陥らない為には・・・
(持病や体質等により、すべての人におすすめな対策ではないが参考までに)

・サプリメント等によるビタミン(ビタミンB1)、ミネラル等の強化

・過度な糖質制限を行わず、糖質、脂質、タンパク質、ビタミン、ミネラルを
 不足しない栄養バランスの良い食事を3食食べて1日の総カロリーを減らしていく。

・糖質制限するなら、1日130g以下の穏やかな糖質制限(ロカボ)や
 夕飯のみ糖質制限する等の方法もおすすめ。

・繊維やビタミンミネラルを多く含む白くない炭水化物を選ぶ
 (雑穀米、玄米、胚芽パン、蕎麦など)

・甘い物や糖質の多い食品、飲み物は空腹時に摂取せずに、
 食後のデザートや10時、15時の間食として適量食べる(1日200cal以下)

 

当クリニックでは、管理栄養士による「栄養カウンセリング」を行っています。
糖質依存症など食生活やダイエットのことでお悩みの方は、
ぜひ管理栄養士までご相談下さい。

 

Presented By.Jメンタル五反田駅前クリニック(心療内科・漢方内科・精神科)

投稿者: 医療法人社団ヘルメス会Jメンタル五反田駅前クリニック

2020.05.30更新

当院では、オンライン診察を導入しております。

以前は、既に当院にお掛かりの患者様のみを対象(=再診のみ)とさせて頂いておりましたが、

この度、初診の患者様もオンライン診察の対象に拡大させて頂きました。

 

初診の患者様も再診の患者様も、お申込みからご受診までの流れは、以下の通りになっております。

① まずお電話(再診:03-3491-7773/初診:03-3491-7776)にてオンライン診察をご希望される旨のお申込みを御願い致します。その際に、必要なものやご準備頂きたいものをお知らせ致します。

② 当院指定口座に事前にお振込みを御願い致します。

③ お振込みの確認ができましたら、当院より予約完了のお知らせをお送り致します。その後、オンライン診療時のアクセス番号もお伝えさせて頂きます。

④ オンライン診察当日、③でお知らせしたアクセス番号よりご診察致します。早目にログインをされてお待ち下さい。通信機器の都合により「電話診察」も切り替えさせて頂くこともございます。

⑤ 当院より処方箋を発行させて頂きます。

 

以上な簡単な流れのご説明になります。

 

さらなる詳細につきましては、当院(Jメンタル五反田駅前クリニック)のホームページをご参照下さい。

また、お電話(再診:03-3491-7773/初診:03-3491-7776)にてもご説明は可能ですので、お気軽にお問い合わせ下さい。

 

Presented By.Jメンタル五反田駅前クリニック(心療内科・漢方内科・精神科)

女医

 

投稿者: 医療法人社団ヘルメス会Jメンタル五反田駅前クリニック

前へ 前へ

entryの検索

カテゴリ

ご予約・ご相談はお気軽に

Jメンタル五反田駅前クリニックまで、まずはお気軽にお問い合わせください。