クリニックブログ

2021.07.24更新

7月23日にオリンピックの開会式が行われました。
コロナ禍でのオリンピック・パラリンピック、楽しみな気持ちと不安な気持ちと・・
様々あるのではなのではないでしょうか。

今回は「不安」についてお話させていただきます。

  女の子

ひとえに、「不安」といってもその内容には様々なものがあります。

・自分や大切な人がコロナに感染するのではないか
・テレワークがいつまで続くのだろうか
・コロナ禍で変わったことはもとに戻るのだろうか
・いつになったら気軽に実家に帰れるのだろうか

不安」には様々あり、その内容によって、対応の仕方や考え方も変わってきます。


不安は大きく分けて
自分の行動で減らす事のできる不安
自分ではどうしようもできない不安
があります

大切なプレゼン、失敗したらどうしよう・・などが
自分の行動で減らすことのできる不安」です。
こういった不安は、不安の原因が少しでも軽くなる行動(上司に相談する、プレゼンの資料を推敲するなど)をすることで不安が軽くなることもあります。

自分ではどうしようもできない不安」というのは、
会社に行ったらまた悪口を言われたりするのではないか・・などです。
他者の行動を変えることは難しいことが多く、このような場合は、不安やストレスから距離をとる行動(嫌なことをなるべく考えないようにする、リラックスする時間をとるなど)をすることで、不安が軽くなる場合があります。

このように、不安の内容によって対処の方法が変わってくることがあります。
一人で考えていてもあまりよくわからない、考えすぎて落ち込んでしまうなどがある場合は

カウンセラーや医師と一緒に対応策を考えていくのはいかかでしょうか?
一人で考えすぎずに、気軽にご相談ください。

 

 

投稿者: 医療法人社団ヘルメス会Jメンタル五反田駅前クリニック

2021.07.17更新

オリンピック、コロナウィルス、ワクチン接種のことなど不安要素が尽きない昨今、

皆様いかがお過ごしでしょうか。

色々不安なことがあると心に余裕をもちにくくなりますよね。

 

また、コロナ禍で家族と顔を合わせる時間が増えると、

そのストレスを家族にぶつけてしまうなんてこともあるかもしれません。

 

「なんで私ばかり家事をやらなきゃいけないの?」

「あの子に勉強を教えてって言ったじゃない!?」

と、特に家事や子育てのことで夫婦喧嘩になってしまうという話を最近よく聞きます。

 

このような言い合いがヒートアップすると

「なんであなたはいつも…」「お前のほうこそ…」とお互いの否定の応酬が始まって、

最終的に食器が飛び交うなんてことになってしまうかもしれません。

食器

 

そのような事態になってしまわないように、

 『相手の否定』の前に

本当は自分がどうしたかったのかを確認してみましょう。

 

言い合いが始まる前にしたかったことは本当に『相手を否定する』ことだったのでしょうか。

違うはずです。

たとえば、なんであなたはいつも自分勝手なの!?」という怒りの裏には

「私だってたまには好きにさせてほしい」というような『相手への要望(〇〇してほしい)』があったのではないでしょうか。

 

『相手の否定』をしてしまうと売り言葉に買い言葉という状況になりやすいので

まずはたとえば、

「次の土曜日に友人と会うのを許してほしい」のように『相手への要望』を具体的に伝えてみると、

「その日俺は仕事だから、夜ご飯を用意してくれたら問題ないよ」

と夫婦間で冷静な会話が始まるかもしれませんよ。

(「〇〇してほしい」という気持ちをできるだけ具体的に話すほうが伝わりやすいでしょう。)

 

夫婦関係のお悩みで色々あるかと思いますが、当院のカウンセリングで軽くなることもあるかと思います。

一度ご相談ください。

投稿者: 医療法人社団ヘルメス会Jメンタル五反田駅前クリニック

2021.07.10更新

7月に入ったものの雨が続いていますね、

皆さまいかがお過ごしでしょうか?
東京などでは、7月12日から4度目の緊急事態宣言が始まります。

 

コロナ禍が長期化することによって、

心と体の健康を保つことの重要性を感じていらっしゃるかたもいるのではないでしょうか?

「コロナ疲れ」や「コロナうつ」という言葉もよく聞くようになりましたね。

 

コロナウィルスが流行してから、

「散歩」が気分転換になると取り上げられていましたが、

これからの季節、外で散歩するのが難しい日もあるかもしれません。


そこで今回は、ご自宅でできる気分転換についてお話します。

 

ご自宅でできる気分転換として、

「ストレッチ」があります。


最近はYoutubeでストレッチと検索するとたくさん動画が出ており
ご自身に合った内容のストレッチを選ぶことができます。

ストレッチ 

 

パソコン業務が多くて「肩が凝る」「腰がいたい」といったお悩みがある方は
それに対応したストレッチを行うことで、

身体がすっきりして気分転換になるかもしれません。

また、「腹式呼吸」を意識して行うと、

よりストレッチの効果を高められます。

 

今回は、ストレッチについてお話しましたが、

ご自身に合った気分転換を見つけるのもいいかもしれませんね。

 

気分転換や息抜きをしていても、

気分が落ち込んだり、

眠れなかったりすることもあると思います。


そんな時は、一度医療機関の受診をおすすめしております。


当院では、月曜日から金曜日の10時~13時30分・15時~19時30分
土曜日の10時~13時・14時~17時 に診察をお受けしています。
辛い症状があるときには、一度相談しに来てみてはいかがでしょうか?

 

投稿者: 医療法人社団ヘルメス会Jメンタル五反田駅前クリニック

ご予約・ご相談はお気軽に

Jメンタル五反田駅前クリニックまで、まずはお気軽にお問い合わせください。