クリニックブログ

2022.09.19更新

いよいよ食欲の秋に入り、美味しい物がたくさん食べられる季節になりました。皆さま、野菜をしっかり食べていますか?国では1日350gの野菜類(野菜・海藻・きのこ)を食べることを推奨しており、これは小鉢5個分とも言われています。

 

以前、「手ばかり」のお話をしましたが、覚えていらっしゃるでしょうか?手ばかりでは、野菜は毎食「生で両手一杯」、「加熱して片手一杯」も食べる必要がありましたね。でも、毎食そんなにたくさんの野菜を食べることはできていますか?実際には「難しいです」というお声やご相談が多いのが現状です。では、どうすれば野菜の食べ忘れを防げるのでしょうか?それは、「作り置き野菜」を利用することです。時間のある時に野菜をまとめて前処理し、茹でたり、炒めたり、酢漬けにしたりと調理します。あとはタッパーに入れて、数日間保存することが可能です。何種類か用意できれば、野菜のバリエーションも広がり栄養価が上がるということですね。

 

まずは、ミニトマトを洗ってタッパーに入れる、トマトを切ってタッパーに入れる、ブロッコリー、ホウレンソウ、小松菜を茹でてタッパーに入れるだけでもOKです。そうしていくと、いつでも野菜が食べられるようになります。切るだけ、茹でるだけでも野菜を用意しておけば、そのまま食べることもアレンジ料理に利用することも可能です。時短料理にも役立ちますので、ぜひ始めてみましょう。

 

また、これから冬に向けては温かいスープやお鍋が美味しくなります。お鍋に野菜やキノコをたっぷり入れて、タンパク質(肉・魚・魚介類・豆腐など)と一緒に栄養強化してみてはいかがでしょうか?

 

食欲の秋は、栄養強化しやすい季節です。冬が来る前に、しっかり栄養を摂って免疫強化に努めましょう。


Presented by. J メンタル五反田駅前クリニック(心療内科・精神科・漢方内科)

 

投稿者: 医療法人社団ヘルメス会Jメンタル五反田駅前クリニック

ご予約・ご相談はお気軽に

Jメンタル五反田駅前クリニックまで、まずはお気軽にお問い合わせください。

Sample document