クリニックブログ

2016.09.29更新

体の材料の中で「水」の次に多いのが「たんぱく質」です。

(約16%)*サプリメントアドバイザー必携より抜粋

たんぱく質は皆さんご存知の通り、筋肉や皮膚、髪、爪の材料となる重要な身体の材料です。

 

しかし、それだけではありません。さらに大切な働きがあります。

 

それは、他の栄養素を細胞へ運ぶトラックの働きをすることです。

様々な体調不良の原因がたんぱく質の不足によっておこることも考えられます。

いくらサプリメントでビタミンやミネラルを補給しても、効果が出にくい方は「たんぱく質」の不足が考えられます。

 

また、肝臓で薬の解毒処理を行いますが、その酵素のメイン材料となるのがたんぱく質です。薬の副作用が強い方の中には、たんぱく質の不足が原因の方もいらっしゃるようです。

さらに、むくみや冷え症などもたんぱく質の不足で起こり得ます。

 

たんぱく質は、肉、魚、卵、乳製品などに含まれていて、ダイエット中の女性は特に控えがちな食材ですが、身体の材料No.1がたんぱく質ですので、食べるべきNo.1栄養素がたんぱく質であることは言うまでもありません。

(ダイエットの秘訣はまたいつかご説明させていただきます)

 

たんぱく質、足りていますか?

足りているか、足りていないかは、血液検査で把握することが出来ます。

 

J戸越銀座クリニックでは、ご希望の方に分子栄養学に基づく栄養カウンセリングを行い、患者様のお身体とお心が元に戻られることを応援しております。

Presented by J戸越銀座クリニック

 

タンパク質

投稿者: 医療法人社団ヘルメス会Jメンタル五反田駅前クリニック

ご予約・ご相談はお気軽に

Jメンタル五反田駅前クリニックまで、まずはお気軽にお問い合わせください。