5月病

5月病

五月病』は、日本においては、大学に入りたての学生に5月頃に多く見られることから、一般的によく知られるようになりました。

新しい生活に夢中になっている間は良いのですが、
それがひと段落する5月頃になって、知らず知らずの内に蓄積されていた心身の疲れや、新しい学校そのものと、そこでの人間関係についていけないストレスや、入学当初に自分が思い描いていたものとのギャップ等により、やる気が出ない、ふさぎこんでしまうといった状態になることを、こう呼んでいます。

近年では、学生だけでなく、新社会人にも同様の症状が見られるようになってきました。
新社会人の場合は、新人研修などが終わり、実際の仕事をはじめた後の6月頃に見られることが多いため、『六月病(ろくがつびょう)』と呼ばれる場合もあります。

発症に至る例としては、今春に生活環境が大きく変化した中で、新しい生活や環境に適応できないまま、ゴールデンウィーク中に疲れが一気に噴き出してしまったり、あるいは、ゴールデンウィークという長い休みの影響により、学校や職場への行く気が削がれてしまったりといたった要因から、ゴールデンウィーク明け頃から、理由不明確な心や身体の不調に陥るというケースが多く見られています。

実は、この『五月病』と『六月病』、実はどちらも、病院などで使われる正式な病名(診断名)ではありません。
医学的に考えるならば、
このように環境の変化についていけないことで起きる精神疾患として
適応障害」というものがあります。
適応障害」は5月・6月だけでなく、
人によっては夏休みを終えた9月頃に発症するなど、その発症は季節を限定していません。

5月頃に、やる気が出ない、気分が沈みがちといった状態になったら、多くの方はついつい「五月病に違いない!」という考えが頭に浮かんでしまいます。
しかし、『五月病』だと思い込んでいるだけで、実は同様の症状が現れる「うつ病」である可能性があることも、
頭の片隅に留めておいておくことが大切になってくるでしょう。

何故ならば、入学試験や入社試験の緊張が解消することで、
大きな目標を達成し終わった後に起こり得る
荷卸しうつ」との関連も否定はできないからです。

また、入学試験や就職活動に熱を入れ過ぎた余り、その目標が達成したことにより、所謂「バーンアウト状態(燃え尽き症候群)」となり、何に対しても無気力になっているという場合も、大いにあり得ると言えるでしょう。

さらには、入学後(入社後)の新生活に対して抱いていた“理想”と実際の“現実”との乖離が余りにも甚だしかった場合、人は、「リアリティ・ショック」というものに陥ると言われています。

これらの状態は、時として、うつ病発症の原因ともなり得るのです。

では、もし「五月病かな…?」と思われたならば、どうすれば良いでしょうか。その根本の最たるものは、病気を引き起こした原因(具体的なストレス因)に対し、どのように向き合い、どのように対処すれば良いのか、という方策や打開策を見つけることです。

それには、色々な方法があるかと思います。

例えば、先生や上司といった自分の上の立場の人に相談するのも、解決策の糸口を見つける上では有効かもしれません。
他にも、同じ目線の立場(同級生や同僚)の意見を聞いてみるのも良いでしょう。
加えて、大学なら学生相談室、企業なら健康管理センターといった付属施設のスタッフに協力してもらう手段もあります。

そして、当クリニック のように、市井にある心療内科・精神科クリニック等を受診し、そこで医師やカウンセラーと一緒に治療を進めていくという方法も勿論あります。

一人で悩みを抱え込まず、色々なサポート資源に目を向け、足を運んでみることも、『五月病』の治療にとっては、非常に大切なことだと言えるでしょう。

ご予約・ご相談はお気軽に

Jメンタル五反田駅前クリニックまで、まずはお気軽にお問い合わせください。