クリニックブログ

2020.11.02更新

だんだんと肌寒くなってきましたね。


そういった意味では、カイロが中々手放せない時期だとも言えるでしょう。

 そして、「冷え症」にお悩みの方にとっても、手先や足先の冷えが辛い季節となりますね。

 


今回は、そんな「冷え症」の方におススメの漢方薬をご紹介致します!

 とうきしゃくやくさん

冷え症で、かつ貧血気味といった方にイチ押しの漢方薬は、

 

「当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)」

 

と呼ばれる漢方薬です!

 

この漢方薬は、手足の冷え症の回復はもちろんのこと、

 

月経困難や月経不順、肩こり・頭痛・めまい、疲労解消にも効果があるとされています。

 

冷え症は冬場だけの病気ではなく、患者様の中には、「夏場でも冷えて仕方ない」とおっしゃる方も少なくありません。

 

まずはお気軽に、当クリニックのような漢方内科にお問い合わせ下さい!

 

 

Presented by. J メンタル五反田駅前クリニック(心療内科・精神科・漢方内科)

投稿者: 医療法人社団ヘルメス会Jメンタル五反田駅前クリニック

2020.10.06更新

10月に入り、2020年も残すところ3カ月を切りました。

今年は新型コロナウイルスの流行により、本当に大変な年になりましたね。
本来ならば開催されていたはずのオリンピックも延期になり、
一時期は自粛自粛で経済活動をも停止せざる負えない事態に陥りました。

自粛期間の影響でコロナ太りが増えてしまったとも言いますが、
その一方で、コロナにかかりたくない一心から、免疫力を上げようと食事や運動に
気を付け始めた人もいます。

外食が減り、自炊によって栄養バランスが向上したり、YouTubeなどの動画を利用した

自宅トレーニングを始めた人々も増加し、体温測定や体重測定等の健康管理を徹底する

ことで、健康状態が改善されているケースも多いと聞きます。

これはまさに、一病息災の考え方に似ていますね。

仕事面では、リモートワークなどの新しい働き方が導入され、
時間の使い方や仕事と家庭とのバランス、生き方そのものの価値観にも
変化が起こっているようです。一部の地域では環境汚染が改善したり、地球規模での変化も生じています。

このように考えると、コロナが私たちにもたらしたものは、決して悪いことだけないのかもしれません。

いつかコロナのことが、私たち人類が成長していく為の糧となれば幸いです。

皆さまどうぞ、引き続き気を付けてお過ごしください。

 

光

 

Presented by. J メンタル五反田駅前クリニック(心療内科・精神科・漢方内科)

投稿者: 医療法人社団ヘルメス会Jメンタル五反田駅前クリニック

2020.08.28更新

9月から金曜日午後(14:00~16:00)のリワーク内容をリニューアルして、

「マインドフルネス瞑想」がスタートします。

 

GoogleやAppleなどの海外大手企業では研修としていち早く導入している

「マインドフルネス」。仏教の瞑想を発端としながら発展を遂げ、今や多く

の企業が取り入れるようになったマインドフルネス瞑想には、様々な効果が

あることが科学的にも実証されてきています。特にアメリカなどで近年盛ん

に行われている「第三世代の認知行動療法」でもあるのです。

 

「今」の自分に気づき現実をあるがままに受け入れること、雑念を取り払い

「今ここ」に心が集中できている状態のことを「マインドフルネス」と言います。

「呼吸」というシンプルな行為に「注意」を向けることにより、頭の中の情報や

その情報に反応した考えを取り払い、「今ここ」に集中することができます。

 

自分の身体や気持ちの状態に気づくためのこころのエクササイズ」として、

心身の健康、ストレス管理、仕事でのパフォーマンスへの有効性に注目が

集まっています。マインドフルネスという新しい引き出しを増やすことは、

ストレスとうまく付き合うために役立ちます。

 

祈り

 

コロナ禍で不安な気持ちが増しているこんな時だからこそ、

最高の癒しが必要なのです。ぜひ、あなただけの「癒しの時間」

体験してみませんか?

 

新規メンバー募集中です!!

興味のある方は受付までご連絡下さい。

 

Presented by. J メンタル五反田駅前クリニック(心療内科・精神科・漢方内科)

 

投稿者: 医療法人社団ヘルメス会Jメンタル五反田駅前クリニック

2020.07.16更新

最近お問合せが多いのが「自律神経失調症」や「更年期障害」の治療についての

女性の患者様からのお問い合わせです。

特に、後者・「更年期障害の治療」に関しましては、

「女医さんを希望したいのですが可能でしょうか?」

「できれば西洋薬ではなく、漢方薬を使っての治療を希望したいのですが可能ですか?」

この2つのお問い合わせが多いようです。

 

当院は心療内科であると同時に漢方内科でもあります。

漢方薬の専門医による安心した治療が可能です。

また、女性医師もおりますので、「男性医師だと話にくい」と思われる方は、

女医さんを希望することも出来ます。

 

もしこのようなことでお悩みの方は、当院にぜひお電話でご相談下さいませ。

きっとご満足頂ける治療をご提供できるかと思います。

 

Presented By.Jメンタル五反田駅前クリニック(心療内科・漢方内科・精神科)

女医

 

投稿者: 医療法人社団ヘルメス会Jメンタル五反田駅前クリニック

2020.06.05更新

こんにちは。
昨夜21時からフジテレビにて放送された『シンソウ坂上』という番組で
当クリニックの理事長が“糖質依存症”について解説しました。

https://news.yahoo.co.jp/articles/2b80d7764a06f4843c97d930d5a6ce61191a2680?page=3


https://www.fnn.jp/articles/-/48768

しんそう 

ご覧になられた方もいらっしゃると思います。

今回の番組では、『過度な糖質制限から糖質依存症が発症した』
というお話を取り上げていました。少し振り返ってみましょう。

『糖質制限』とは、主食である炭水化物(ご飯、パン、麺)やお菓子、
デザート、甘い飲み物等に含まれる糖質を制限することでダイエット
や糖尿病の治療に役立つ方法です。

しかし、過度な糖質制限を長期的に続けていると
免疫や筋力の低下、貧血、骨粗しょう症、脱毛、老化、
ケトアシドーシス、エネルギー不足による疲労、精神不安定など
が生じる恐れがあります。

また、糖質制限解除後に、糖質依存症に陥ったり
大幅なリバウンドをするなど危険性もあるのです。

 

今回の女性の例では、
・3年で42kgという大きなダイエット
・1日の糖質摂取量30gという厳しい糖質制限
・毎日トマトのスープとおからパウダーの蒸しパンのみ
慢性的なエネルギー、ビタミン、ミネラル、タンパク質、
脂質不足が起こる危険なダイエット方法でした。

 

◎その後、過度な糖質制限を急激に止めてしまう
両親の結婚記念日にビュッフェで食べた久しぶりのパン(糖質)
で幸せを感じて以来、パン(糖質)への依存が止められなくなってしまう。

糖質を食べた時の幸せ感が忘れられなくなり、急激に過剰な糖質摂取を行うことにより
・16時前後に手が軽く震えてくる(甘いものが食べたくて)
・少し食べないでいるとそわそわと落ち着かない
・罪悪感があったが甘いものを食べたときの多幸感が忘れられなくなった
・2ヶ月で体重は8キロリバウンド

これは、
食後低血糖が著しくなった
ビタミン(特にビタミンB1)、ミネラル不足が生じた
ということが伺え、まさに「糖質依存症」にあたると考えられるのです。

 

 ドーナツ

 

◎対策
糖質依存症に陥らない為には・・・
(持病や体質等により、すべての人におすすめな対策ではないが参考までに)

・サプリメント等によるビタミン(ビタミンB1)、ミネラル等の強化

・過度な糖質制限を行わず、糖質、脂質、タンパク質、ビタミン、ミネラルを
 不足しない栄養バランスの良い食事を3食食べて1日の総カロリーを減らしていく。

・糖質制限するなら、1日130g以下の穏やかな糖質制限(ロカボ)や
 夕飯のみ糖質制限する等の方法もおすすめ。

・繊維やビタミンミネラルを多く含む白くない炭水化物を選ぶ
 (雑穀米、玄米、胚芽パン、蕎麦など)

・甘い物や糖質の多い食品、飲み物は空腹時に摂取せずに、
 食後のデザートや10時、15時の間食として適量食べる(1日200cal以下)

 

当クリニックでは、管理栄養士による「栄養カウンセリング」を行っています。
糖質依存症など食生活やダイエットのことでお悩みの方は、
ぜひ管理栄養士までご相談下さい。

 

Presented By.Jメンタル五反田駅前クリニック(心療内科・漢方内科・精神科)

投稿者: 医療法人社団ヘルメス会Jメンタル五反田駅前クリニック

2020.05.30更新

当院では、オンライン診察を導入しております。

以前は、既に当院にお掛かりの患者様のみを対象(=再診のみ)とさせて頂いておりましたが、

この度、初診の患者様もオンライン診察の対象に拡大させて頂きました。

 

初診の患者様も再診の患者様も、お申込みからご受診までの流れは、以下の通りになっております。

① まずお電話(再診:03-3491-7773/初診:03-3491-7776)にてオンライン診察をご希望される旨のお申込みを御願い致します。その際に、必要なものやご準備頂きたいものをお知らせ致します。

② 当院指定口座に事前にお振込みを御願い致します。

③ お振込みの確認ができましたら、当院より予約完了のお知らせをお送り致します。その後、オンライン診療時のアクセス番号もお伝えさせて頂きます。

④ オンライン診察当日、③でお知らせしたアクセス番号よりご診察致します。早目にログインをされてお待ち下さい。通信機器の都合により「電話診察」も切り替えさせて頂くこともございます。

⑤ 当院より処方箋を発行させて頂きます。

 

以上な簡単な流れのご説明になります。

 

さらなる詳細につきましては、当院(Jメンタル五反田駅前クリニック)のホームページをご参照下さい。

また、お電話(再診:03-3491-7773/初診:03-3491-7776)にてもご説明は可能ですので、お気軽にお問い合わせ下さい。

 

Presented By.Jメンタル五反田駅前クリニック(心療内科・漢方内科・精神科)

女医

 

投稿者: 医療法人社団ヘルメス会Jメンタル五反田駅前クリニック

2020.05.29更新

こんにちは。

梅雨入り前に、初夏のすがすがしい天気が続いて過ごしやすいですね。

 

日常では長引く自粛生活によって、ストレスやコロナ太りなども問題になっていますが、

皆さまはお元気でしょうか?

そんな中、自粛生活の成果として新型コロナウイルスの勢いも抑えられ、希望が見え始めてきました。

緊急事態宣言の解除にともない、今後は長期的な「ウイルスとの共存」に視野を置きながら、

そろそろ日常生活を取り戻していくタイミングだと思います。

 

「ウイルスとの共存」の際に最も重要なことは、

皆がそれぞれ「自らの免疫を上げていく」ことです。

 一時はマスク不足で大変でしたが、手作りマスクやその他アイデアで

乗り切っている方も多いと思います。しかし、最悪マスクがない状態でも

ウイルスに負けない為には、やっぱり「免疫力を上げていく」しかありません。

 

以下、栄養学的な「免疫強化のポイント」についてお話し致しますので、

少しでも参考にして頂ければ幸いです。

免疫強化には体力、粘膜の維持・正常化が重要となります。

その為に必要な栄養素は「タンパク質とビタミン・ミネラル」です。

 

*欠食せずに1日3食(食事)をきちんと食べる

タンパク質(肉・魚・卵・大豆)を不足しないようにする。

ビタミン・ミネラル(野菜、海苔、キノコ)を不足しないようにする。

*水分強化する(水、ノンカフェインのお茶などを1日1~2リットル飲む

*できるだけ「お菓子や甘い飲み物、油物、お酒、たばこなど」血液の汚すものを減らす。

*さらに余裕があれば「タンパク質と野菜、海藻、キノコ」を増やして「炭水化物

 を減らすと減量につながる

*キレイな空気の環境で深呼吸して、「酸素」を取り入れたりリラックスする(鼻呼吸

睡眠を6時間以上は確保する(難しい場合は休日にゆっくり休むことや昼寝を活用する)

夜、食べ過ぎない(肥満や睡眠障害につながる)

なるべく歩くようにするなど、適度に運動できればさらにGOOD!

*適度に日光浴する(免疫力を上げる「ビタミンD」合成を促す)

食物繊維(野菜、海藻、キノコ)乳酸菌(発酵食品)で腸内環境を整える。

腸管免疫アップ

 

野菜

 

一般的な内容ですが、上記のうち何か1つでも取り入れられると良いですね。

 

皆様の大切なお体です。

今後も新型コロナウイルスに負けない体づくりから、

コツコツと健康増進していきましょう。

 

 Presented By.Jメンタル五反田駅前クリニック(心療内科・漢方内科・精神科)

投稿者: 医療法人社団ヘルメス会Jメンタル五反田駅前クリニック

2020.05.26更新

新型コロナ状況下において気をつけて欲しい心療内科の症状としまして「5月病(6月病)」があります。

5月病(6月病)は“俗称”ではありますが、

4月に気持ちを新たに新社会人や新大学生になられた方々が、

1カ月ほど経過した5月のゴールデンウィーク明けに、

「こんなはずではなかった…」「期待していたものと違う…」といった理想(期待)と現実とのギャップにより、

学校、あるいは職場に赴く意欲が一気に落ちてしまう状態像(シンドローム)を指しています。

新大学生だと5月頃、新社会人だと6月頃に起こり易いことから「5月病(6月病)」と呼ばれているわけですが、

今年はその現象が、例年よりも顕著に出てしまう可能性が懸念されています。

 

何故なら、先述のように、この5月病(6月病)の根本にあるものは、

「期待していた新社会人生活(あるいは、キャンパスライフ)と、実際(現実)のものとのギャップ」

即ち「リアリティ・ショック」と言われる心理状態があります。

それが、今年に関しては、新社会人さんにとっては、長期にわたるオンライン研修等により、

「学生の頃と余り変化が感じられない」という思いでいらっしゃられる方は少なくはないでしょう。

加えて、新大学生さんにとっては、

「大学生になったのに中々講義が始まらない」「部活やサークル活動も楽しみにしていなのに…」

といった所謂「キャンパスライフ」のイメージと目下の状況とのギャップにより、

大学生になったことへのモチベーションや意欲が一気に低下してしまうことも考えられます。

これが、例年より5月病(6月病)の増加が懸念される理由です。

 

緊急事態宣言解除により、徐々に会社や学校も動き始めています。

「ここが気持ちの踏ん張りどころ!」です。

止まない雨はないように明けない夜もありません。焦らず、前向きに考えていきましょう。

 

Presented By.Jメンタル五反田駅前クリニック(心療内科・漢方内科・精神科)

朝日

 

投稿者: 医療法人社団ヘルメス会Jメンタル五反田駅前クリニック

2020.05.23更新

「新型コロナ状況下に負けないメンタルヘルスの維持」、本日は第13回目です。

以前「レジリエンス」という概念と、「レジリエンス・マッスルの鍛え方」という内容をご紹介したことがあります。

本日もストレスに負けない回復力・柔軟性・しなやかさであるレジリエンスを鍛えるために出来る簡単なワークをご紹介します。

 

今回の新型コロナ状況は、多くの人にとって、初めての体験や経験を強いることになったかと思われます。

しかし、私達は生まれてから今に至るまで、決して平坦な道のりばかりできたわけではありません。

人生紆余曲折、良いこともあれば悪いこともありながら、今この時に至っています。

今までの人生で辛かったり、大変であったりした時、

あなたの心の中は不安や心配、悲しみでいっぱいであったことでしょう。

「自分はなんて孤独なんだ」と悲嘆にくれたこともあったでしょう。

しかし、いま改めて、その時のことを振り返ってみて下さい。

あなたは本当に一人ぼっちでしたか?

誰か周りに陰ながら支えてくれていた人はいませんでしたか?

思い出してみて下さい。

いったい誰の姿や存在が目に浮かんできたでしょうか。

 

そして、その時の辛い体験があったことで、

あなたは、何か気がついたり得たりしたことはありませんでしたか?

その辛い体験から何かを学んだり、自分の人生の大きな転機の一つになっていたりはしませんか?

 

以前ご紹介した「レジリエンス・マッスルを鍛える方法」「I can(私は~~できる)」は、

実はこのような形で導き出していきます。

自分の人生の棚卸しの一つとも言えるでしょう。

自分が乗り超えたことを、ゆっくりと思い出しながら書いていきます。

その時に、上述のように、支えてくれた人や環境、その体験によって学んだことなども、

併せてどんどん思いつくままに書いていきましょう。

そうしていく内に、自分が想像以上に沢山の出来事を乗り越えてこられたことに気がつかれることでしょう。

この気づきが、自己効力感(自分は~~できる)を高め、

困難な出来事を乗り越えるための自信を築いていくのです。

ぜひ一度、ゆっくりと時間をとって、取り組まれてみて下さい。

 

Presented By. Jメンタル五反田駅前クリニック(心療内科・漢方内科・精神科)

はな

投稿者: 医療法人社団ヘルメス会Jメンタル五反田駅前クリニック

2020.05.21更新

新型コロナ状況下に負けないメンタルヘルスの維持、本日は第12回目です。
今回のテーマは「幸せの因子分析?!」という内容です。

因子分析とは科学的な統計分析における手法の一つですが、
とある研究において、“幸せ”を構成する因子を分析したところ、
次の4つの因子が抽出されたそうです。
それが、「やってみよう!」因子、「ありがとう!」因子、「何とかなる!」因子、「ありのままに!」因子であったそうです。

もう少し具体的な内容にいきますと、
「やってみよう!」因子「自己実現と成長に関する項目」
「ありがとう!」因子「(周囲との)繋がりと感謝の項目」
「何とかなる!」因子「前向きさと楽観性に関わる項目」
「ありのままに!」因子は、「独立性と自分らしさに関する項目」であったそうですが、
本日ご紹介したいことは、
この4つの言葉(「やってみよう!」「ありがとう!」「何とかなる!」「ありのままに!」)は、
何となく自分の行動や判断に自信が持てない時、不安を感じてしまっている時に使う、
自分自身への「言いきかせ(勇気づけ・自己暗示)」の言葉としてピッタリであるということなのです。

「やってみよう!」
「ありがとう!」
「何とかなる!」
「ありのままに!」

ぜひ、自分の口癖になるくらい、意識的に使ってみて下さい。
それが“幸せ”の階段を一段一段登っていくことに繋がっていくかもしれませんよ。

Presented By.Jメンタル五反田駅前クリニック(心療内科・漢方内科・精神科)

しあわせ

投稿者: 医療法人社団ヘルメス会Jメンタル五反田駅前クリニック

前へ

entryの検索

カテゴリ

ご予約・ご相談はお気軽に

Jメンタル五反田駅前クリニックまで、まずはお気軽にお問い合わせください。