クリニックブログ

2022.12.02更新

「ちょこっとカウンセリング」
開始いたしましたrabbitstar

所要時間:15分
料金:2000円

カウンセリングに興味がございましたらお気軽にお試しくださいnote2

お日にちが合えば、診察日と同日に受けられますnico

ご不明点や質問がございましたら
お気軽にご連絡くださいませflower2

カウンセリング

 

Presented by Jメンタル五反田駅前クリニック(精神科・心療内科・漢方内科)

投稿者: 医療法人社団ヘルメス会Jメンタル五反田駅前クリニック

2022.12.02更新

正月

【 年末年始のお休みについて 】

Jメンタル五反田駅前クリニックの2022年年末年始のお休みについてお知らせをいたします。

 

☆2022/12/29(木) 午前のみの診察・リワーク

☆2022/12/30(金)~2023/1/4(水) 休診

 

ご不便をおかけしますが、何卒宜しくお願い申し上げます。

 

Presented by Jメンタル五反田駅前クリニック(精神科・心療内科・漢方内科)

投稿者: 医療法人社団ヘルメス会Jメンタル五反田駅前クリニック

2022.11.11更新

皆さま、こんばんは。

前回の続きで「秋太り」対策のポイントについて具体的にお話します。

 

食べ過ぎない為の対策は以下の通りです。

 

ご飯・パン・麺(炭水化物)は、「毎食グーサイズ」に制限する

 

21時以降の夜遅い日は、ご飯・パン・麺を夕方早めに食べて夜は抜くようにする(分食)

 

芋・栗・カボチャは炭水化物と同じなので、野菜と捉えない

(例:ポテトサラダはサラダでも太りやすいメニューです)

 

・揚げ物、果物、スイーツ、お菓子など高カロリー、高脂質、高糖質の食品を食べたら、

 夕飯のご飯を減らすか抜いて調整する

 

タンパク質(肉・魚・卵・大豆)を抜くと、お腹が減り易くなるので

 「毎食、手のひら1枚分」しっかり食べるようにする

 

甘い物や白いご飯や白いパンは控える
(これらは糖の吸収が早く血糖値を上げやすいので、単体だとお腹を減らしやすい)

 

・どうしてもお腹が空いたら、ノンシュガーのガムやおしゃぶり昆布を食べるか、

 その場でダッシュや水を飲むなどの刺激を加えて回避する

 

1日230kcal減らすと、1カ月で1kg体重が減る

 

 大盛

 

とはいえ、美味しい物を美味しく食べることは元気な証拠なので、個人的には大賛成です。

どうしても困った時には、上記の「秋太り対策」を参考に体重コントロールしてみましょう。

 

Presented by. J メンタル五反田駅前クリニック(心療内科・精神科・漢方内科)

投稿者: 医療法人社団ヘルメス会Jメンタル五反田駅前クリニック

2022.10.28更新

皆さま、こんばんは。

長かったコロナにもようやく落ち着きが出てきて、身の回りにも旅行を解禁している方がチラホラいらっしゃいますね。

新米や果物、芋・栗・カボチャの美味しい季節を迎え、食欲の秋を満喫していますか?

 

秋の食べ物

 

今回は「秋太り」対策のポイントについてお話致します。

秋になると、夏の疲れや食欲低下を取り戻す為、冬に向けてのエネルギー貯蓄(冬眠対策?)をする為に、

炭水化物や糖質の多い食べ物を食べる量が増える傾向があります。

『新米が美味しくて・・果物を頂いたので・・何を食べても美味しくて・・つい・・』と言って、

2~3kg体重増加してしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか?

しかし、待ってください!!この先には年末年始のイベントが控えています。

一般的に、クリスマスやお正月、忘年会、新年会等でも2~3kg体重増加してしまう傾向があります。

そこで、今のうちに減量しながら体重コントロールできる体を作っておきましょう。

減量の基本は、炭水化物や糖質、脂質の制限にあります。これらはエネルギー源なので、

まったくゼロでは疲労や便秘、体調不良へとつながってしまいます。

ですが、摂り過ぎてしまうと皮下脂肪や内臓脂肪に変わって体内へ溜め込まれてしまうのです。

ですから、食べ過ぎには十分な注意が必要です。

次回、食べ過ぎない為のポイントをお伝えします。

「秋太り対策②」へつづく・・・ 

 

Presented by. J メンタル五反田駅前クリニック(心療内科・精神科・漢方内科)

投稿者: 医療法人社団ヘルメス会Jメンタル五反田駅前クリニック

2022.10.21更新

今回は、身近にある素材を使った、温め効果のある入浴剤をご紹介いたします。
まずは、大根の葉っぱで作る入浴剤です!

冷え症の方に特にお勧めしたいのが、「干葉湯(ひばゆ)」です。
干葉(ひば)とは、大根の葉っぱを干した物のことを呼びます。
大根は、生のままでは、漢方でいう「」の性質を持っていますが、
干すと、身体を温める「」に変わります。
これは食べる場合だけでなく、外用の場合も同じで、
干した大根の葉入浴剤として用いれば、身体を芯から温めてくれるのです!

大根の葉っぱは、よく水洗いをしてから、日当たりの良い場所に吊るし、
カラカラに乾燥させてから入浴剤としてお使い下さい!

入浴


Presented by Jメンタル五反田駅前クリニック(精神科・心療内科・漢方内科)

投稿者: 医療法人社団ヘルメス会Jメンタル五反田駅前クリニック

2022.10.14更新

前回の続きで「睡眠」についてお話します。皆さんは夜の時間をどのように過ごされていますか?

寝る前ギリギリまで、テレビやパソコン、スマホでゲームや漫画、動画を観たりしていないでしょうか?

夜の時間にスマホやテレビ、パソコンからブルーライトと呼ばれる光を浴びると、睡眠の質が落ちやすくなります。

夜寝る前はスマホやテレビ、パソコンを避けて、リラックスtimeに充ててみてはいかがでしょうか?

 

22時頃から“成長ホルモン”が分泌されます。子供なら成長に役立ち、大人なら疲労回復や若返りに役立つホルモンです。

本来はこの時間にお休みいただくと良いのですが、現代人は忙しく、どうしても24時過ぎてしまうのが当たり前の方も多いと思います。

まずは、いつもより30分早く寝床に入るよう心掛けてみましょう。

 

睡眠

 

何はともあれ、寝る前の時間にリラックスしていただくと、良い睡眠につながりやすいと言われています。

そこで、「寝る前の1分間瞑想」をおすすめします。寝床に入り1分間目を閉じて深呼吸をします。

そして、今日一日に感謝しながら、自分自身に対して「お疲れ様です」と労いの気持ちを持ちましょう。

そうすることで、リラックスした状態で眠りにつけること間違いなし、ぜひお試しください。

良い睡眠で秋の夜長を有効活用しましょう。

 

 Presented by. J メンタル五反田駅前クリニック(心療内科・精神科・漢方内科)

投稿者: 医療法人社団ヘルメス会Jメンタル五反田駅前クリニック

2022.09.30更新

だんだんと朝晩が涼しくなり、ようやく猛暑から解放されましたね。

鈴虫の声も聴こえてきて心地よいBGMの中、よく眠れている頃でしょうか?

秋の夜長はこれからです。今回は「睡眠」についてお話します。

 

さて、突然ですが、朝食はしっかり食べていますか?

“時間栄養学”という学問では、睡眠の質は「朝日を浴びて、朝食を食べること」で決まると言われています。

朝食を抜いてしまうと、日中パワー不足で元気がなくなるだけでなく、入眠ホルモン(睡眠に入る為に必要なホルモン)

のスイッチが入り難くなり、睡眠の質が乱れてしまいます。ぜひ、朝食を食べる習慣を維持していきましょう。

おすすめは朝にタンパク質(肉・魚・卵・大豆)を強化することです。例えば、朝はおむすびしか食べない場合でも、

鮭やツナ、鳥五目などの具材を選び、さらには海苔付きおむずびを選ぶと尚良いでしょう。

 

 睡眠

 

入眠ホルモンの材料としては、トリプトファンというアミノ酸が必要です。これは乳製品(牛乳、チーズ、ヨーグルト等)

に多く含まれますので、日頃から乳製品を適度に摂るのもお勧めです。

場合によっては、夜の時間にホットミルクを飲んでいただくのも良いでしょう。

ただし、ダイエット中の方や胃もたれが起こりやすい方は寝る前3時間以上は空腹状態を保ちましょう。

睡眠の質を整える方法は他にもあります。次回、続きについてお話し致します。

 

Presented by. J メンタル五反田駅前クリニック(心療内科・精神科・漢方内科)

投稿者: 医療法人社団ヘルメス会Jメンタル五反田駅前クリニック

2022.09.19更新

いよいよ食欲の秋に入り、美味しい物がたくさん食べられる季節になりました。皆さま、野菜をしっかり食べていますか?国では1日350gの野菜類(野菜・海藻・きのこ)を食べることを推奨しており、これは小鉢5個分とも言われています。

 

以前、「手ばかり」のお話をしましたが、覚えていらっしゃるでしょうか?手ばかりでは、野菜は毎食「生で両手一杯」、「加熱して片手一杯」も食べる必要がありましたね。でも、毎食そんなにたくさんの野菜を食べることはできていますか?実際には「難しいです」というお声やご相談が多いのが現状です。では、どうすれば野菜の食べ忘れを防げるのでしょうか?それは、「作り置き野菜」を利用することです。時間のある時に野菜をまとめて前処理し、茹でたり、炒めたり、酢漬けにしたりと調理します。あとはタッパーに入れて、数日間保存することが可能です。何種類か用意できれば、野菜のバリエーションも広がり栄養価が上がるということですね。

 

まずは、ミニトマトを洗ってタッパーに入れる、トマトを切ってタッパーに入れる、ブロッコリー、ホウレンソウ、小松菜を茹でてタッパーに入れるだけでもOKです。そうしていくと、いつでも野菜が食べられるようになります。切るだけ、茹でるだけでも野菜を用意しておけば、そのまま食べることもアレンジ料理に利用することも可能です。時短料理にも役立ちますので、ぜひ始めてみましょう。

 

また、これから冬に向けては温かいスープやお鍋が美味しくなります。お鍋に野菜やキノコをたっぷり入れて、タンパク質(肉・魚・魚介類・豆腐など)と一緒に栄養強化してみてはいかがでしょうか?

 

食欲の秋は、栄養強化しやすい季節です。冬が来る前に、しっかり栄養を摂って免疫強化に努めましょう。


Presented by. J メンタル五反田駅前クリニック(心療内科・精神科・漢方内科)

 

投稿者: 医療法人社団ヘルメス会Jメンタル五反田駅前クリニック

2022.08.26更新

 皆さま、夏の疲れが出やすいこの時期をどのように過ごされていますか?今年の夏は猛暑続きで非常に暑かったですが、そんな時にアイスや冷やし中華、そうめん、ざるそばなどの冷えた食品ばかり食べていると、内臓が冷えて下痢をしたり、便秘になってしまったり・・・と腸内環境が乱れやすくなります。

 

 突然ですが、「腸と脳」には深い関わりがあることをご存じでしょうか?私たちの心の健康には、幸せホルモン「セロトニン」の分泌が重要と言われていますが、その「セロトニン」の9割は、脳ではなく腸で作られていると報告されています。腸を健康に保つことが、心の健康につながるのですね。

 

 では、腸内環境を健康にするには、何を食べればよいのでしょうか?セロトニンを増やすには、発酵食品や食物繊維を食べることで腸内の善玉菌を増やすことが大切です。きのこや野菜、海藻など食物繊維の多い食材を日ごろから積極的に取り入れてみてください。特に、長いも、オクラ、なめこ、めかぶ、モロヘイヤ等のネバネバ食品には、水溶性食物繊維が多く含まれており、腸内の老廃物を吸収して便通を促進します。

 

 おくら

 

 ぜひ、腸内環境を整えて心の健康も維持していく為に、ネバネバ食品を取り入れてみてはいかがでしょうか?お勧めは納豆にネバネバ食品をプラスすることです。味覚や触感的にも相性が合いますので、美味しく腸内環境を整えられますよ。夏の終わりに心と体をリセットする為に、皆さんも発酵食品と水溶性食物繊維で腸活してみませんか?

 

Presented by Jメンタル五反田駅前クリニック(精神科・心療内科・漢方内科)

投稿者: 医療法人社団ヘルメス会Jメンタル五反田駅前クリニック

2022.08.17更新

Jメンタル五反田駅前クリニックでは、様々なプログラムの中に「栄養カウンセリング」があります。


精神科や心療内科で栄養指導?関係あるの?と思われる方も多いのですが、最近の研究では、うつ病は生活習慣病であり、メタボの人に多いとも言われています。

また、一部の栄養素が不足していることも指摘されていて、これらの栄養素を補給することで、うつ病が改善することもわかってきています。

実際に、海外ではうつの治療に、こうした栄養の不足を補う薬やサプリメントが使われています。

Jメンタル五反田駅前クリニックでは、ご希望の方に分子栄養学に基づく栄養カウンセリングを行い、うつ病やその他の疾患をお持ちの患者様に、お体とお心が元に戻られることを応援しております。

」という字は、「人を良くする」と書きます。

食

 

Presented by J戸越銀座クリニック

投稿者: 医療法人社団ヘルメス会Jメンタル五反田駅前クリニック

前へ

entryの検索

カテゴリ

ご予約・ご相談はお気軽に

Jメンタル五反田駅前クリニックまで、まずはお気軽にお問い合わせください。

Sample document