クリニックブログ

2021.05.08更新

こんにちは。

GWが過ぎ、新たな季節の移り変わりが始まるこの頃、いかがお過ごしでしょうか?
現在、緊急事態宣言および、まん延防止等重点措置が発令されておりますので、
引き続き注意して生活していきましょう。

さて、この頃において気をつけて欲しい心療内科の症状としまして「5月病(6月病)」があります。
5月病(6月病)は“俗称”ではありますが、
4月に気持ちを新たに新社会人や新大学生になられた方々が、
1カ月ほど経過した5月のゴールデンウィーク明けに、
「こんなはずではなかった…」「期待していたものと違う…」といった理想(期待)と現実とのギャップにより、
学校、あるいは職場に赴く意欲が一気に落ちてしまう状態像(シンドローム)を指しています。
新大学生だと5月頃、新社会人だと6月頃に起こり易いことから「5月病(6月病)」と呼ばれているわけですが、
前年に続き今年もその現象が、顕著に出てしまう可能性が懸念されています。

何故なら、先述のように、この5月病(6月病)の根本にあるものは、
「期待していた新社会人生活(あるいは、キャンパスライフ)と、実際(現実)のものとのギャップ」、即ち「リアリティ・ショック」と言われる心理状態があります。
今年に関しては、新社会人さんにとっては、長期にわたるオンライン研修等により、

「学生の頃と余り変化が感じられない」

という思いでいらっしゃられる方は少なくはないでしょう。
加えて、新大学生さんにとっては、
「大学生になったのに中々講義が始まらない」

「部活やサークル活動も楽しみにしていなのに…」
といった所謂「キャンパスライフ」のイメージと目下の状況とのギャップにより、
大学生になったことへのモチベーションや意欲が一気に低下してしまうことも考えられます。
これが、例年より5月病(6月病)の増加が懸念される理由です。

厳しい情勢が続いておりますが、徐々に会社や学校も動き始めています。
「ここが気持ちの踏ん張りどころ!」です。
止まない雨はないように明けない夜もありません。焦らず、前向きに考えていきましょう。
ブログ用
Presented By.Jメンタル五反田駅前クリニック(心療内科・漢方内科・精神科)

 

投稿者: 医療法人社団ヘルメス会Jメンタル五反田駅前クリニック

2021.03.26更新

こんにちは。

1都3県の緊急事態宣言がようやく解除されました。

まだ完全なコロナ終息とまではいきませんので、

引き続き注意して生活していきましょう。

 

さて、コロナ禍でマスク生活が1年以上続き、

もはや私たちの生活にマスクがあることが当たり前になっています。

そんな中、なんだか頭がボヤっとしたり、

変な頭痛に悩まされている人が増えているようです。

それはマスクの弊害かもしれません。

日常生活の大半の時間をマスクを着けて過ごしていることで、

自分の吐いた息に含まれる二酸化炭素を吸込み、

二酸化炭素過多状態が起こります。

これが片頭痛を引き起こすと言われているのです。

 

 マスク

 

また、マスクの圧迫による耳の傷みから、

緊張性頭痛が生じるケースもあるそうです。

何かに圧迫され続けている状態では、常に緊張状態が続きます。

これが大きな原因でしょう。

その他、マスクの弊害としては、顔や耳の皮膚がかぶれて炎症をおこしたり

表情筋を使わなくなることで、顔のたるみやむくみを生じる場合もあります。

これにより、マスクを取った顔が急に老け込むなどのショックな事態に

悩まされている人もいるのです。

 

ではどんな対策をすればよいのでしょうか。

まず、マスク頭痛に対しては、1時間に1回1分でもいいので

マスクを外して換気をするといいでしょう。

その際にはソーシャルディスタンスが保てる安全な場所で行う必要があります。

現状、難しい場合も有りますが、可能なタイミングや場所があれば

心掛けてトライしてみましょう。

 

水やお茶などの水分摂取もマスクのせいで不足しやすくなっています。

水分不足による頭痛も起こりやすいので水やお茶を飲むタイミングで

マスク換気を行うのも一石二鳥ですね。

 

耳の傷みによる緊張性頭痛は自分の顔の大きさに合った

マスクを装着することで対策できる場合があります。

耳の痛くならないマスクなども販売されていますので

自分にあった物を探してみましょう。

 

最後に表情筋の衰えには顔ヨガや顔のマッサージが有効です。

顔ヨガとは、表情筋を鍛えることに特化したヨガです。

一般的にお風呂では一人でリラックスできるスペースです。

お勧めは、お風呂に入りながら顔を洗うタイミングにカッサなどで

顔の筋肉をほぐし、ついでに顔ヨガで表情筋の筋トレをすることです。

まずは上を向きながら、「アイーン」の顔をしてみましょう。

顎の筋肉が刺激され、二重あごの防止に役立ちます。

 

「顔ヨガ」ご興味のある方は、当院のリワークとして金曜午後に隔週で行っている「筋トレヨガ」を一度体験してみて下さい。皆様のお越しをお待ちしています。

 

 まだしばらくの間、マスク生活は続きそうですね。

たとえマスクの中でも、日頃から口角を上げて笑顔で生活するよう心がけていきましょう。

 

Presented by. J メンタル五反田駅前クリニック(心療内科・精神科・漢方内科)

 

投稿者: 医療法人社団ヘルメス会Jメンタル五反田駅前クリニック

2021.02.12更新

こんにちは。

リモートワークなどでご家庭にこもることが多い日々が続きますが、

皆さんお変わりございませんか?

 

本日は隔週で行われる金曜ヨガの日でした。

その際に、ヨガの中でも「白湯」のお話をしました。

クラスに出ていない方の為に、ここで復習しておきましょう。

 

よく「白湯が体にいい」と聞きますが、どんな点が体に良いと思いますか?

白湯の効果は様々ですが、有名なところで言うと、

体を温めてくれたり、老廃物を排出してくれたり・・・etc. です。

 

では、白湯の正しい飲み方をご存知でしょうか?

中には、「レンジでチンして簡単に作りましょう」というサイトがありますが、

これは邪道であまりお勧めできません!

 

以下、本来の「正しい白湯の作り方」をお伝えしましょう。

ポイントは、

 ・換気扇を回す

 ・やかんのフタを開ける

 ・直火で10~15分は沸騰させる

以上の点が大変重要なのです。

 

お湯

 

詳細は省きますが、直火で加熱することで火のエネルギーを取り入れ、

換気扇を回すことで風のエネルギーが入ります。

そうすると、エネルギーバランスが非常に良い状態の白湯

出来上がるそうです。これがインドのアーユールヴェーダ―

という考え方に基づいた正しい白湯の作り方なんです。

 

注意点として、一度作った白湯は冷めてきても、

二度も三度も沸かさないことが重要です。

飲む温度は、厳密に言うと体質によります。

温かい方が良い人とぬるい方が良い人と様々ですが、

自分で心地よい温度と感じればOKです。

 

飲み方は、チビチビゆっくり飲むのがお勧めです。

1日の適量は700~800mlだそうです。

それ以上は、排出作用が強くなりすぎるのでお勧めしません。

 

緊急事態宣言が延期してまだまだ自粛が続きますが、

少しでも自分のできることを皆で行っていきたいですね。

 

皆さんも、おうち時間でゆったりと白湯を作ってみましょう!

保温できるポットに入れながら、温かい白湯を1日かけて

ゆっくり飲んでみてはいかがでしょうか?

 

Presented by Jメンタル五反田駅前クリニック(精神科・心療内科・漢方内科)

投稿者: 医療法人社団ヘルメス会Jメンタル五反田駅前クリニック

投稿者: 医療法人社団ヘルメス会Jメンタル五反田駅前クリニック

2021.01.27更新

 

このコロナ禍の中で、テレビも、スマホも、今は毎日新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のニュースが流れており、

不安で重苦しい日々を皆さん過ごされていらっしゃることとお察しいたします。

一日も早く安全なワクチンが開発されることを望むばかりですが

このような中でも、私たち自身で取り組めることもございます。

 

マスク

 

 

 過剰な不安な心で日々過ごされていると、その分免疫力が低下してしまうものです。

こんな時こそ、「前向きな明るい心で、負けるものか!」の精神で毎日を過ごして頂きたいものです。

 

 

 『夜明けの前が一番暗い』とも言われています。皆さん、明けない夜はありません

 

夜明けの前のそんな希望の『光の灯台』になりたいと思って私たちは診療しております。

 

『ネガティブな心に打ち克って』心身ともに元気な自分を取り戻して参りましょう。

 

                     院長 小林 城治

投稿者: 医療法人社団ヘルメス会Jメンタル五反田駅前クリニック

2021.01.22更新

「メンタルクリニックで筋トレ」と聞いたら

多くの方は不思議に思うかもしれません・・・。

当院では金曜日にヨガのリワーク時間を活用して、

「筋トレ」を強化したプログラムも導入しています。

 

一般的に、ヨガで筋トレというとパワーヨガを思い

浮かべる方が多いかもしれません。

筋トレには様々な方法があります。

最近では「立ち筋トレ」という立ったままできる

筋トレが流行っていますね。

 

筋トレ

 

何もマシンを使って必死にトレーニングする事だけが

筋トレではないのです。むしろ、立って動きながらの

筋トレの方が、インナーマッスルを上手に刺激して

無理なく筋肉を育むことができる場合があります。

 

コロナ自粛でじっと座ってばかりの生活が多く、

歩くことや階段の昇り降りもない場合、足の筋力が弱まります。

特に、足の背面部分に柔軟性がなくなってくると、

転倒やつまずき、ケガの原因となるので対策が必要です。

 

そんな時に、筋トレ要素を強化したヨガのような運動を取り入れることは

とても有効的です。身体の調子が良くなると、自然と心も安心しますよね。

心の筋肉をつけるためには、先ず身体の筋肉の深部である

「インナーマッスルを強化すること」が必要なのです。

 

ご興味のある方は、金曜日の午後に隔週で行っている「筋トレヨガ」

を一度体験してみて下さい。

皆様のお越しをお待ちしています。

 

Presented by Jメンタル五反田駅前クリニック(精神科・心療内科・漢方内科)

投稿者: 医療法人社団ヘルメス会Jメンタル五反田駅前クリニック

2021.01.08更新

皆さん、水やお茶などの水分は足りていますか?

「冬は寒いので、夏程は水分を飲まなくなる」という方が多く見られます。

しかし、冬こそ乾燥によって水分が必要な時期なのです!!

例えば、喉の粘膜や粘液は水分が不足するとカラカラになり、

ウイルスはそこから侵入しやすくなってしまいます。

私たちの体は60~70%水でできているので、それだけ水が必要なのです。

新型コロナウイルスがなかなか終息してくれません・・・。

そんな時コロナ対策においても、喉の粘膜を守りバリアー機能を高めていく為に、

寒い時期こそ水分を摂りましょう。

身体も温かくなるので、白湯(ぬるま湯)や温かいお茶がお勧めです。

15分に1回は水分補給を心がけてコロナに負けない対策を継続していきましょう。

水分

Presented by. J メンタル五反田駅前クリニック(心療内科・精神科・漢方内科)

 

 

投稿者: 医療法人社団ヘルメス会Jメンタル五反田駅前クリニック

2020.12.28更新

【年末年始のお休みについて】

 

 


2020/12/30(水)~2021/1/4(月)

 

 


上記の期間、休診とさせていただきます。
ご不便をおかけしますが、宜しくお願い申し上げます。

Jメンタル五反田駅前クリニック

投稿者: 医療法人社団ヘルメス会Jメンタル五反田駅前クリニック

2020.12.09更新

コロナウイルスの第波が来ていると言われていますが、今年から在宅勤務になった方は多いのではないでしょうか?

 

在宅勤務だと、リフレッシュの時間が取りにくかったり周りの人と話す時間がなかったり、仕事も睡眠も同じ部屋で移動が無いことからメリハリがなくなり、

 

やる気が出なかったり、気分がうつうつとしてしまう方も多いようです。

 

これからの時期は日照時間も短くなり、太陽の光をなかなか浴びられないことから、更に気が滅入る方が増えるのではないでしょうか。

 

 

そういう時は、どれが原因で今のような気分になっているのかを考えてみましょう!

 

気分がうつうつとしている方は、家の近くを温かい格好で少しお散歩してみてもいいかもしれません。

 

リフレッシュの時間を上手く取れないときは、窓を開けたり、音楽を流してみたりと、少し気分転換を取り入れてもよいでしょう。

 

周りの人と話す時間が無く、孤独な気持ちが強くなってきたら、一時流行したzoom飲み会などを開催してもいいかもしれないですね。

 

 

 

 

 

  寝起き

 

 

もし専門家に相談したい、と考えてらっしゃる方は当院にぜひお電話でご相談下さいませ。

きっとご満足頂ける治療をご提供できるかと思います。

 

Presented By.Jメンタル五反田駅前クリニック(心療内科・漢方内科・精神科)

 

 

投稿者: 医療法人社団ヘルメス会Jメンタル五反田駅前クリニック

2020.12.01更新

心も体も一度にすっきりしたい!」そう思うことはありませんか?
そんなとき、ヨガをしてみてはいかがでしょうか。

 

ヨガが目指すものは「心を静かにすること


これは「今ここ」にいる自分の内側に意識を向け、自分を知り、愛すること。


頭だけであれこれと考え悩みがちな現代、ストレスが過剰になり様々な心身相関の病気があります。


ヨガではまず、身体を動かします。呼吸を感じてみます。

 


ストレスで抑圧された状態では身体は快不快がわからず、


緊張を身体の各部分にため込んでしまうので、


肩こり、腰痛、頭痛、自律神経の失調などの症状が出てきます。

 


身体を動かすことで身体の声が感じられるようになり、


本来の身体の快適な状態がわかるようになります。

 

体の緊張感から解放され、心もすっきり楽になるのです。

 

ヨガ

ため息をふぅーと出すと胸のあたりが楽になるように、


呼吸というのは私たちの感情とも深くつながっています。

 



身体を気持ちよく動かした後は、身体をおもいっきり休ませてあげます。


身体を動かした後は頭の中が静かになり、身体も脳もリラックスしやすくなります。


リラックスする時間を多くとり、リラックスの貯金をすると、ストレスを貯めにくくなります。


また、ストレスがある状態でも凹まず上手に対処できるようになります。


(引用:「ストレスに負けない生活」 熊野宏昭著)

 

 

 

さあ、ストレスから解放されましょう。


ヨガは究極のセルフケア、セルフコントロールの方法のひとつなのです。

 



Presented by Jメンタル五反田駅前クリニック(精神科・心療内科・漢方内科)

 

投稿者: 医療法人社団ヘルメス会Jメンタル五反田駅前クリニック

2020.11.02更新

だんだんと肌寒くなってきましたね。


そういった意味では、カイロが中々手放せない時期だとも言えるでしょう。

 そして、「冷え症」にお悩みの方にとっても、手先や足先の冷えが辛い季節となりますね。

 


今回は、そんな「冷え症」の方におススメの漢方薬をご紹介致します!

 とうきしゃくやくさん

冷え症で、かつ貧血気味といった方にイチ押しの漢方薬は、

 

「当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)」

 

と呼ばれる漢方薬です!

 

この漢方薬は、手足の冷え症の回復はもちろんのこと、

 

月経困難や月経不順、肩こり・頭痛・めまい、疲労解消にも効果があるとされています。

 

冷え症は冬場だけの病気ではなく、患者様の中には、「夏場でも冷えて仕方ない」とおっしゃる方も少なくありません。

 

まずはお気軽に、当クリニックのような漢方内科にお問い合わせ下さい!

 

 

Presented by. J メンタル五反田駅前クリニック(心療内科・精神科・漢方内科)

投稿者: 医療法人社団ヘルメス会Jメンタル五反田駅前クリニック

前へ

entryの検索

カテゴリ

ご予約・ご相談はお気軽に

Jメンタル五反田駅前クリニックまで、まずはお気軽にお問い合わせください。